張徳江全人代常務委員長が日本参議院訪中団と会談
2016/02/25

張徳江全人代常務委員長は22日、全人代との定期交流制度第6回会議に出席するため訪中した日本参議院訪中団と人民大会堂で会談した。沈躍躍常務副委員長も同席した。新華社が伝えた。

張委員長は「立法機関交流は中日関係を構成する重要な一部だ。中日関係の持続的改善を促すうえで重要なのは中日間の4つの基本文書を堅持し、2014年11月の4つの原則的共通認識をしっかりと遵守することだ。中日の各分野の交流は多少回復したが、依然複雑な問題や試練を少なからず抱えている。双方は政策面の意思疎通を強化し、敏感な問題を適切に処理し、各分野の交流・協力を推進するべきだ。全人代と日本参議院の定期交流制度を再開し、問題について踏み込んで意見交換することで、相互の理解と信頼は一層深まり、中日関係改善への積極的な貢献になると信じる」と述べた。

溝手顕正議員らは「日本参議院は全人代との対話・交流を一層強化し、両国関係改善のために一層努力することを望んでいる」と表明した。

「人民網日本語版」2016年2月23日

Suggest to a friend:   
Print