中日与党間交流 兪正声氏,日本の与党代表団と会談
2015/12/07

  兪正声・中共中央政治局常務委員(全国政協主席)は北京で4日、自民党の谷垣禎一幹事長、公明党の井上義久幹事長が率いる日本の与党代表団と会談した。人民日報が伝えた。

  兪氏は、中日与党間交流第5回会議に参加した日本の代表団に歓迎の意を示し、「中日両国の与党間交流メカニズムは、両国関係が政治的に大きな困難に直面する中で築かれ、長年にわたり、中日関係の改善・発展を推進するうえで重要な役割を果たしてきた。現在、中日関係はやや改善したが、その勢いはまだ弱い。両国の与党は政治において主導的な役割を発揮し、双方が中日関係の4つの政治文書と、4つの原則的共通認識の精神をしっかりと守りつつ、歴史を含む敏感な問題を適切に処理し、政治的相互信頼を絶えず増進し、経済貿易協力を深め、人的・文化的交流を拡大し、中日関係の安定的で健全な発展を推進できるよう努力していくべきだ」と述べた。

  日本の与党代表団は、「日中与党間交流は、双方が政治的意思疎通を強め、政治的相互信頼を増進する重要な手段となっている。日本は中国とともに、日中関係の改善の流れを確かなものにし、協力の分野を広げ、両国と当地域の人々に利益をもたらすよう努めていきたい」との見方を示した。

「人民網日本語版」2015年12月6日

Suggest to a friend:   
Print