鄧偉総領事,NHKテレビにて生放送番組に出演
2018/01/05

    2018年1月5日、鄧偉総領事がNHKのゴールデンタイムのニュース番組に出演し、第十二回”名古屋中国春節祭”の紹介をした。

    鄧偉総領事は次のように述べた。「名古屋中国春節祭」は2007年より十一回連続で開催した。今年は中日平和友好条約締結40周年の節目の年であり、第十二回「名古屋中国春節祭」が1月6日から8日まで名古屋市の久屋大通公園で開催される。当イベントの目玉として国内外でも有名な河南省南嵩山少林寺寺武僧団を会場で特別公演を披露してもらい、日本の方々に中国武術文化の奥深さを身をもって感じてほしい。春節祭は中国文化を展示するプラットフォームだけでなく、中日民間友好交流の舞台でもある。このプラットフォームを借り、両国民の相互理解と友情を更に深めてほしい。鄧偉総領事は次のように強調した。「ピンポン外交」の発祥地として、日本中部地区には友好伝統があり、対中経済貿易往来は緊密で、人員交流も盛んである。日本中部地区には中日平和友好条約締結40周年を契機に、「一帯一路」構想上においてで中国と協力し、対中経済貿易協力、人員往来と青少年交流を更に深めてもらいたい。

    当番組は10分近く生放送した。その中で河南嵩山少林寺武僧団が現場で収録した素晴らしい武術の演目を披露した。

Suggest to a friend:   
Print