習近平氏,英首相と電話会談 感染対策で支援の用意
2020/03/23

    北京23日発新華社電によると、中国の習近平国家主席は同日夜、英国のジョンソン首相と電話会談を行った。

    習氏は中国政府と中国人民を代表し、英国政府と英国人民の新型コロナウイルス肺炎感染との戦いに心からの見舞いの意を表し、また質問に答えて中国の感染予防抑制措置を説明した。習氏は次のように強調した。英国が中国との協力を強め、必要な人の移動とスムーズな貿易を保障すると同時に感染拡散リスクを最小限に抑えることを希望する。中国は英国に支持、支援する用意がある。首相の指導の下、英国人民が必ず感染に打ち勝つと信じている。

    習氏は次のように強調した。中国政府は海外の中国公民の身体の健康と生命の安全を守ることを高度に重視している。英国が確実に有効な措置を取り、在英中国公民、特に留学生の健康・安全と正当な権益を守ることを希望する。

    習氏は次のように指摘した。ウイルスに国境はなく、人種の別なく感染する。全人類が共に努力してはじめて戦いに勝つことができる。各国は国連や20カ国・地域グループ(G20)の枠組みの中で協力を推進し、情報と経験の交流・共有を強化し、研究協力を強化し、世界保健機関〈WHO〉がしかるべき役割を果たすことを支持し、世界の衛生ガバナンスの整備を促し、マクロ経済政策の協調を強化し、市場の安定を図り、成長を保ち、民生を維持し、世界の供給チェーンの開放、安定、安全を確保しなければならない。感染に勝利した後、中英の相互理解が一層深まり、共通認識が一層広がり、両国の協力もより広い前途を迎えると信じている。

    ジョンソン氏は次のように述べた。中国政府と中国人民は苦しい努力と極めて大きな代償を払い、感染予防抑制で素晴らしい成果を収めた。私は祝意を表す。現在、英国は感染情勢が厳しく、中国の有益な経験を研究し、参考にし、科学的で有効な措置を取っている。英国は中国の貴重な支持と支援に感謝する。在留中国公民、特に留学生の健康と安全の配慮に尽力する。私は習近平主席の見解に完全に賛同する。感染に対し、いかなる国も自国のことだけ考えることはできず、各国は協力を強化しなければならない。英国はWHOが重要な役割を果たすことを支持し、各国がG20など多国間の枠組みの中で関係の協力を深めることを希望する。中英両国は今年それぞれ「生物多様性条約」第15回締約国会議と「国連気候変動枠組み条約」第26回締約国会議を開催する。これを契機とし、国際社会の衛生防疫協力の強化を図らなければならない。私は習近平主席と緊密な交流を続け、感染終息後に早期に訪中し、英中関係の発展を共に推進することを期待している。

Suggest to a friend:   
Print