劉暁軍総領事,愛知県高校生訪中団と面会
2019/07/23

    2019年7月23日、駐名古屋総領事劉暁軍は館内で愛知県高校生訪中団による表敬訪問を受け、訪中団団長であり、上山奨学財団の理事長である上山伸治氏一行と面会した。

    劉暁軍総領事は上山奨学財団が長年にわたって高校生訪中団を派遣することを高く評価し、次のように述べた。今年は中日青少年友好交流推進年の第一年であり、両国政府の合意によって、これから5年間で延べ3万人規模の青少年相互訪問を実現する。中日関係を健全的かつ安定的発展させるには、両国国民の相互理解と信頼関係を無しにしては語れず、特に両国の未来を背負う青少年交流が非常に重要である。団員の皆さんには、是非今回の訪問を通して、中国に対する客観的理解を深め、親しい友人を作り、中日関係の美しい未来のためにともに努力していただきたい。

    上山理事長は次のように述べた。総領事館の力強い支援と協力のもと、愛知県高校生訪中団一行15名はこれから中国へ旅立ち、現地の学生との交流も予定している。令和時代の最初の「遣中使」として、団員たちはこの機会を大切にし、これをきっかけに、両国青少年間の相互理解と交流を深め、中日友好事業に新しく貢献していただきたい。

    第1回「令和遣中使」愛知県高校生訪中団は上山奨学財団と愛知県教育委員会が主催し、駐名古屋総領事館が協力する。訪中団は7月25日から31日まで上海市と江蘇省へ訪問する。

Suggest to a friend:   
Print