中米貿易・投資は互恵ウィンウィン トランプ大統領演説で中国外交部
2017/03/02

中国外交部の耿爽・報道官は1日の定例記者会見でトランプ米大統領が先月28日行った施政方針演説の中で中国の世界貿易機関(WTO)加盟後、米国の6万余りの工場が閉鎖されたとしたことについてコメントを求められ、次のように述べた。

▽中国はWTO加盟以来、対外協力を積極的に進め、自らの貿易の伸びを促しただけでなく、世界の貿易をけん引し、世界経済の発展に重要な貢献をした。この点は国際社会が広く認め、称賛している。

▽中米の経済・貿易関係は本質的に互恵ウィンウィンのものである。米中貿易全国委員会(USCBC)の報告では2015年の中米二国間貿易と双方向投資は米国に約260万の雇用をもたらした。この数字が問題をよく説明していると思う。

▽われわれは米国と共に努力し、中米の経済・貿易協力を絶えず深め、拡大し、両国と世界の人民に幸福をもたらすことを願っている。

Suggest to a friend:   
Print